*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Iris Fauve / アイリス・フォーヴ


<香 調> パウダリーウッディ
<仕 様> ユニセックス
<容 量> 7ml
<濃 度> EDP

トップ
ベルガモット、シナモン、アイリス
ミドル
パチョリ、ベチバー、シプリオール
ラスト
ミルラ、シスタス、ムスク、リアトリス



6作目の香りとして公開されたのは、野獣派のアイリス。荒々しい画風の中に鮮やかな色彩の対比を特徴とした画家の派なのですが、香りを香るとどうもそうではない気がしてきます。言葉をよく調べてみると、Fauveには黄褐色という意味もあるんですね。そちらの方がイメージにはぴったりです。調香は引き続きMarie Salamagneが担当。

 

 

2016年秋の展示会の中で、一番エレガントに感じた香りです。香りは濃厚ではなく、グイグイと前にくる主張もないのですが、始終とても柔らかくしとやかに包み込むシナモン調のアイリスが続くのです。このシナモンには甘さがあり、スパイシーなシナモンではなく、花の中にあるような柔らかなシナモン香で(シナモン調の香料は様々な種類があります)、それがアイリスとサンプルウッドの中に溶け込んでいるのです。トップのシトラスも強すぎるものではなく、パッとシナモン共に弾けて消え、後はただただ穏やかな、ほの甘く肌ざわりの良さそうなアイリスウッディが肌に残るのです。ミルラやラブダナム、パチョリなどはそれとわかるような香り方をしておらず、アイリス、サンダルウッド、ムスクを軸にシナモン調の香りでアクセントをつけたという雰囲気です。とてもエレガントでシックですよ。どことなく、L'Heure Bleueを洗練されたモダンクラシカルにしたニュアンスです。

(08/11/2016)

公開は早かったのですが、正式なリリースは2017年1月となりました。

(07/12/2016)

 

<Atelier Des Ors Topへ戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜