*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Tendre Poison / タンドゥールプアゾン


<香 調> グリーンフローラルムスク
<仕 様> レディース
<容 量> 50ml
<濃 度> EDT

トップ
アサフェティダ、ベルガモット、ガルバナム、ローズウッド、タンジェリン
ミドル
フリージア、ハニー、ネロリ、オレンジブロッサム、ローズ、チュベローズ
ラスト
ヘリオトロープ、サンダルウッド、バニラ、ムスク



プアゾンにグリーン系の香りを加えてフレッシュに仕上げた1994年発売の香り。50mlのボトルはこのカボチャみたいなものと、そうでないものが発売となりました。香りは典型的な香水らしい香りでバブル期のイメージです。モダンクラシカルで、うちこちでこの香りが香っていましたから、誰もが知る香りでしょう。ガルバナムはツンとした青さではなく、マンダリンと共にフレッシュに香り、このガルバナムこそが少しクラシカルさ、香水らしさを感じさせます。少しハニー調の石鹸調ムスクへと変化して消えていきます。モダンではないので流行からは取り残されてしまいましたが、バブル期を思い出すには良いアイテムだと思います。

(30/10/2006)

 

惜しまれつつ廃番となりましたが、久しぶりに肌に乗せて見てもあの頃が蘇る、時代を感じさせる香り。ChanelのNo.19ほどのガルバナムではなく、とても控えめなクセを感じるトップが、柔らかなフローラルに包まれてスタートすると、今度はあの頃のハニームスクが全てを包み込んでいきます。あぁ、この香りがどこでも香っていた・・・と懐かしくなるのです。フルーティーフローラル、トロピカル系が流行する前には、少しクセの強いオリエンタルが流行していましたが、アクア系、瓜系がフルーティーフローラルやトロピカルと双璧を成していたように、オリエンタルの対となっていたのがこうしたフレッシュ系だったのです。フレッシュノートはすでに多用されていましたが、マリンノート、オゾンノートが流行する直前で、CK Oneと同じ年の発売だと知ると、あぁ、あの頃なのかと納得できるはず。時代がユニセックスに傾き始める予兆を感じ始めた頃の香りであり、この香りがプワゾンの女性像から離れ、新たな時代を象徴する女性像に切り替わることで生まれた香りだったのかもしれません。

未だ愛用されている方は多い香りだと思いますが、EdTであっさりとしていること、ロータスにも似たふんわりとしたスイートフローラルムスクが資生堂を思わせるところも、日本人に広く受け入れられた要因なのではないかと思います。

(21/07/2020)

 

<Christian Dior Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜