*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

Le Roi Santal / ル・ロワ・サンタル


<香 調> ウッディ
<仕 様> ユニセックス
<容 量> 150ml
<濃 度> EDT

トップ
アイリス、カブリューバウッド
ラスト
シダーウッド、サンダルウッド



1988年発売のすっきりとしたウッディな香りです。タイトルは英語で言うと「The King Sandalwood」。「王のサンダルウッド」というよりは、「サンダルウッドの王」という方が正しいんだろうなぁ。カブリューバウッドとは、南米原産のマメ科の樹木のようです。調香を見てもわかる通りにわりと分かりやすい香りで、ミドルノートがない2ノートで構成されており、アイリスのよく香るウッディです。

簡単に言うと、アイリスにおがくずを混ぜた感じ(笑)

アイリスの精油を香ったことのある方はイメージしやすいと思うのですが、アイリスは少しパウダリーで薬っぽさのある香りです。華やかさとか、甘さのあるフローラルではなくて、品のある粉っぽい香りに、少しフローラル調が乗った感じなんです。そこに、おがくずです。

サンタルですから、サンダルウッドがメインなのに、シダーウッドの方が僕は強く感じてしまいます。最後にはサンダルウッドも同じくらい香ってくるんですけどね。メンズのウッディだとトップにシトラスがあるし、ハーブもいろいろ入っていたりしますが、これはウッディ特有の強さをアイリスが抑えて、ユニセックスな香りへと持っていっています。シトラスもなく、ハーブもなく、スパイスも、バニラもなく、アイリスだけだなんて。このシンプルさは他にはなかなかないのかもしれません。

(29/10/2008)

 

<Comptoir Sud Pacifique Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜