*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

GFF Oro / GFF オーロ


<香 調> アロマティックフレッシュウッディ
<仕 様> ユニセックス
<容 量> 100ml
<濃 度> EDT

トップ
ラベンダー、マンダリン、ガルバナム、レモン
ミドル
ローズ、カーネーション、イランイラン、スズラン、ジャスミン
ラスト
オークモス、ベチバー、サンダルウッド、パチョリ



1998年発売。ユニセックスとして発売されたペアフレグランスですが、こちらががメンズ寄り。イランイランやローズ、ジャスミンが香料にあるけど、全くわからないほど微量に感じます。一言でいうと「ひのきの香り」。もう、まるっきり入浴剤のひのきの香り。とてもドライな香りが、トップからラストまでさほど変化なく続きます。持続もよく、入浴剤を入れた風呂上がりのすっきりした香りが続くので、かなりリラックス出来ます。まったりとしたおが屑のひのき香できなく、すっきりしたフレッシュなひのきの香りです。

(30/10/2006)

何度香ってもヒノキの入浴剤にしか感じられなかった香りだったのですが、経年の経験を経て、ヒノキではなく広がりました。これは、シプレだったんですね。微かなラベンダー香、グリーンノートがたっぷりのシトラスに包まれて弾け、フローラル感は強くないものの、しっかりとしたフローラルノートに支えられ、シプレへと変化していきます。ラベンダーが強まるとシプレではなくメンズのフゼアになりますが、そこをグッと押さえ、ガルバナムをアクセントにしたことで、とてもシックで美しい香りへと変化させたのです。どちらかと言えばもちろんメンズですが、ガルバナムの辛口シプレとなれば、女性でも全然平気だと思います。OroもRossoもどちらもバランスが秀逸で、15年前よりずっと良く感じられるから不思議です。やはり経験は感じ方を変えていくものですよね。

(04/02/2021)

 

<Gianfranco Ferre Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜