*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Gaultier2 / ゴルチェ2


<香 調> バニリック
<仕 様> ユニセックス
<容 量> 40ml
<濃 度> EDP

トップ
バニラ、アンバー、ムスク
ミドル
ラスト



2005年発売。調香はFrancis Kurkdjianが手がけたのですが、香りは3つの香りしか公表されていません。でも、この3つがほぼ8割なんですよ。付けた瞬間はシトラスが出ますからシトラスアンバーの典型的な香りが広がるのですが、すぐにシトラスが抜けてアンバーとバニラが香ります。少しだけナッツっぽいグルマン香も感じるのですが、精油っぽい樹脂香ではなくてとてもケミカルというか、アパレルのものに共通した香りなので好き嫌いが分かれてしまい、市場の評価も二分されてしまったようです。確かにいろいろなブランドが発売してきた香りの中のラストノートで1つの香水を作った、という印象は持ってしまうかもしれません。

もともとこの香りの正式タイトルはThe Power of Twoというものです。2つで1つのペアフレグランスとして発売され、ボトル同士がマグネットでくっつくという変わった仕掛けがあります。シェア出来るフレグランスということだったのですが、わざわざ分ける必要性を感じなかった人も多いようで、あまり支持されていないのが現実かも。1つのボトルをシェアするから良いんですよ、きっと。
香りはピラミッドではなく流れるように香って欲しいということで3つの香りをメインとし、通常のトップノートとミドルノートの垣根を払ったということなのですが、あまり他の香りは出てこないんですよ。微かにチュベローズっぽい欠片だとかシトラスはあったのですが・・・。肌と肌を合わせるように2人1つの・・・というコンセプトだったからかムスクもどっしりと入っていて絡み合う肌の香りを表現しています。ただ、ムスクがこれだけ甘いと好き嫌いは分かれるよなぁ。香りはアンバーバニラからアンバームスクな感じになってきて、もちろんムスクが肌に馴染むように広がっていきます。僕は甘い香りも大好きなので香り自体が好きですが、やはりラストのムスクが1番好きなのかもしれません・・・。少数派なんですよね、きっと(汗)

日本よりもフランスの方が売れ行きは良いんだろうなぁ。まだまだ日本人にこういうオリエンタルさはカジュアルには使いこなせないですよ。

(26/08/2008)

 

<Jean Paul Gaultier Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜