*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Murasaki / むらさき


<香 調> フローラルウッディシプレ
<仕 様> レディース
<容 量> 15ml
<濃 度> Parfum

トップ
ローズ、クリサンセマム、リリー、ウッディノート、モス
ミドル
ラスト



 

「信じあっている時間のすきま、蝶が舞うあの花へ」
情熱の赤と静寂の青が調和して生まれる紫は、東洋の西洋の垣根を越えるあやうい魅力。

資生堂の中では国内向けながらターゲットが海外なのではないかという感じの香り。ゲランのミツコやシャネルのNo.5等を愛用する方々に愛されそうなクラシカルな香りで、シプレもあるし少しアルデヒドっぽいものもあるのかもしれません。試しているのがコロンなので薄く広がって消えていく儚さを持った香りになっていますが、パルファムだととても上品なんだろうなぁ。大人の楽しみという感じで。情熱の赤は感じなくて僕には静寂の青の方がイメージには強いです。紫というのは東洋の神秘をイメージしているのだと思いますが、ミドル以降に出てくるインセンス、アイリス、レザーっぽさが日本的な感じを出しています。ラストノートはとても素敵ですよ。

(2006)

 

 

東京オリンピックに向けて1964年に発売された禅。その後1977年にアメリカ市場を意識し、働く女性をテーマとして作られたインウイ。それに続く3つ目のインターナショナルフレグランスラインとして生まれたのがむらさきでした。日本発売は1980年8月21日、翌月の9月にはイタリアのボローニャと西ドイツのミュンヘンで開催された化粧品国際見本市にて公開され、大きな反響を呼んだそう。

当時の欧米では、様々な分野で「東洋」、つまりオリエンタルをコンセプトとした商品が流行していました。その中で禅とインウイを昇華させたものというのがコンセプトとなりました。千年を超える日本女性の文化の中で、一貫して憧れの色、貴い色とされたきた紫を、静寂の青と情熱の赤が織りなす繊細で艶やかな紫を、そのイメージの中に感じられる秘められた知性と、さりげないしぐさに込めた思いやりを、香りとして表現したのです。(プレス引用)

調香は当時37歳だった若き日のJean-Claude Astier氏でした。そしてその際、イメージパターンを担当したのが、同年代である37歳のSerge Lutens氏でした。

イメージパターンは、ひとりの女性の肌にふれて、微妙に変化し、その女性固有の香りになる。そのつける瞬間のときめきがモチーフに。むらさきの書体は矢萩春恵さんという書家の方が担当されたそうです。9月のプレス用プロモーションでは、Serge Lutens氏が同席し、スライドと音楽を用いて、日本の伝統美を紹介、説明し絶賛されました。

香りは、そうかこれは菊だったのか、とハッとしたのですが、ローズとヴァイオレットに交じって香るグリーンノートに気づきました。それが柔らかなフローラルノートをクラシカルに引き締め、シプレムスクへと引き継がれていきます。とても品の良いクラシカルさで、世界に通じる和風オリエンタルのフローラルウッディシプレで、Mitsoukoのように和服に合いそうです。

その後、ボトルはパルファムもオードパルファムもリニューアルをされたものの、オードパルファムは未だ廃番とならず発売されています。

(16/01/2019)

 

<Shiseido Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜