*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

Istinto Donna / イスティント・ドンナ


<香 調> フローラルシプレ

<仕 様> レディース

<容 量> 30ml

<濃 度> EDT

トップ
サンフラワー、スズラン、マグノリア
ミドル
ハニーサックル、リリー、ローズ
ラスト
アンバー、パチョリ、ムスク、シダーウッド



2005年、イタリア先行発売。発売当初イタリアでは頻繁に見かけましたが、公式サイトにも詳細がありませんし、各国での販売もまだそれほどないみたいです。メンズとレディースの同時発売で、イラストの黒猫というか黒豹がすごくかっこいいですね。メンズを付けて試したところ、結構意外なラストが好感触で購入したのですが、間違えてレディースを購入してしまいました。ボックスはメンズが黒でレディースが白、キャップはメンズがクリアでレディースが白。

肝心な香は、イスティントのレディースについてはこれは「どこかでそっくりな香りが・・・」と意識に訴えるものがあります。何か思い出せないのですが、ありがちと言えばありがちなテイストです。ややパウダリーなフローラルで、クラシックな要素を含みつつもクラシカルではない・・・という春秋の香りですね。アナイスアナイスを好きな方にはいいかもしれません。

(15/07/2006)

何とも的を得ていない上記のレヴューに恥ずかしさがこみ上げましたが、肌に乗せてみたら理由がわかりました。それはどうってことのない香りだったから。これは説明がとてもしづらいので、仕方がないのかもしれません。とても微妙なフローラルで、トップの爽やかさはなく、かろうじてフローラルだよね、という塊が1つになって広がっていくのです。当時のものはもっと爽やかだったような印象があるので、劣化している部分もあると思いますが、描かれている黒豹のワイルドさ、カッコよさ、ミステリアスさ、どこを取ってみてもマッチする部分がありません。時代と共に消えていったのも仕方がないよね、と改めて感じてしまいました。

(02/10/2020)

 

<Krizia Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜