*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

Ambre a Sade / アンバー・ア・サド


<香 調> フルーティーアンバリー
<仕 様> レディース
<容 量> 30ml
<濃 度> EDP

トップ
ブラックベリー、ストロベリー、野いちご、キャラメル
ミドル
ラズベリー、ヴァージニアシダー、シナモンツリー
ラスト
アンバー、トンカビーン、ブラックバニラ、パチョリ、ルシアンレザー



2006年発売の最初のライン。タイトルは「サドのアンバー」。何故サドなの?と思ったら、この沢山入っている「ベリー」が禁断の果実ということなんですね、きっと。1920年代を象徴する香りとしてルシアンレザーをベースに据え、パチョリやアンバーの香りが広がります。

付けた瞬間はホントにジューシーで熟れた果実の香りがするんです。これぞ、まさに「ジューシー」という香り。キャラメルの甘さや苦味はあまり感じないですね。とにかく、ジューシーなベリーの饗宴から始まります。ところが、トップが消えていくと香りが一点し、ダークサイドを見せ始めるのです。妖しく香るベリーの残り香に絡みつくアンバーとレザー。そして、パチョリの篭ったインセンスっぽさ。ベリーの残り香が、「ほら、そこにいるのに届かない!!」という感じで香っています。アンバーがとてもしっかりと存在しているために、やはりラストノートは樹脂系の香りが存在す。樹脂系がベースにあるのがこのブランドの特徴なのかな?

それにしても、しっかり甘いですね。サドが表現するアンバーの香りというイメージなのかなぁ。

(12/12/2006)

 

<Nez A Nez Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜