*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  
Profumi delle Cinque Terre / プロフーミ・デッレ・チンクエテッレ


Fiordaliso di Porto Venere
フィオルダリーゾ・ディ・ポルトヴェネーレ
Respiro di Risacca
レスピーロ・ディ・リサッカ
Agave
アガーヴェ
Sampleレヴュー

13年前の1997年に世界遺産登録されたイタリアの5つの土地、「Cinque Terre」。11世紀に作られた海岸沿いの5つの村は、陸路と運路を使わないとたどり着くことが出来ず、取り残された土地となっています。孤立したこの村々は色とりどりの家が崖に張り付くように建てられており、とても美しい町並みを形成しています。Riomaggiore、Manarola、Corniglia、Vernazza、Monterossoという5つの村を結ぶのはバスと徒歩とフェリー。それも全ての場所が繋がっているわけではありません。RiomaggioreからManarolaへ向かう海沿いの道はLovers Laneと呼ばれていて、恋人たちの人気観光スポットとなっていたりします。まだまだ日本国内ではマイナーな観光地ですが、数年前まではフランスのモンサンミッシェルも似たような感じだったことを思い出すと、この5つの土地も近い将来もっともっと人気の土地となりそうです。Cinque Terreは切立った崖と小さな入り江の街。何世紀にも渡って崖を開墾し、石垣を築いて作った段々畑でわずかな葡萄栽培を行い、その名もCinque Terreというワインが特産です。あまりに過酷な土地のため、葡萄の実りは多くなく、おかげで濃縮された葡萄が実るのだそうで、とても甘いデザートワインが生まれるのです。石垣は海風によって風化してしまうため、今でも地元の方々はせっせと毎日修復をしているのだとか。 そんな5つの土地から2009年、4つの香水が生まれました。Profumi delle Cinque Terreです。もともとは更に遡ること2年前、Pier Carlo Pinottiの営む薬局の100周年を祝う品として自身の住んでいる街の香りを作ろうということで手がけられたものだそうです。だけど、香りに関しては素人だったため、友人の調香師に依頼をすることになりました。それがProfumi di Pantelleriaを手がけたMaurizio Cerizza氏だったのです。彼の調香により5つの土地の香りが4種類生まれたのです。当初はお土産ものとして現地でわずかに売られていただけだったようです。昨年の9月、Firenzeで開催されましたPitti Pragranzaというニッキアフレグランスの展示会でようやく世界に向けてお披露目された香り。 ボトルはラルチザンを彷彿させる8角形ですが、ひとつひとつの面が曲線を描いており、まるで教会の天蓋のようです。底面にテーマカラーが彩られていることで、ボトル全体がグラデーションのように見えるという手法を用いた素敵なボトル。EDP、100mlの1サイズのみで、まだ世界的には発売されていません。流通はまだとってもとっても狭い商品です。その香りをいち早くproficeにご紹介させていただきました。(一足お先にprofice SNSの方ではご希望の皆さん全てに香りをプレゼントさせて頂き、メルマガ026号でもご紹介させていただきました) (19/02/2010)

Special Thanks (Sample、Bottle提供) ■Profumi delle Cinque Terre(from Italy)

Official >>> イタリア語、英語

profice〜香水のポータルサイト〜