*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

LoRose / ロ・ローズ


<香 調> ハニーフローラル
<仕 様> ユニセックス
<容 量> 50ml
<濃 度> EDP

トップ
インディアンローズ、ブルガリアンローズ、ゼラニウム、インドネシアンパチョリ
ミドル
ラスト



 

ローズとゼラニウム、パチョリというコンビネーションなのは確かなのですが、調香にないのはハニーです。とても強いハニーとカラメル香がローズを包み込んでいて、全体の印象はキャンディーローズといったところ。この甘さはない方が重ねやすいのではないでしょうか。

(15/06/2016)

 

このラインは廃番になってしまうよう。2013年に発売された香りはBlanca Dalmauによる調香で、印象としては上記とあまり変わってはいません。ゼラニウムの効いたローズがハニー調に広がっていきます。ゼラニウムが強いことでユニセックスな印象になっているのですが、パチョリはそれほど強くはありません。時間と共にローズらしさも大人しくなり、残るのはハニー調のゼラニウム。それは、青さを湛え、まるでゼラニウムの茂みに手を入れたようなリアルな雰囲気が感じられます。ゼラニウムって触るだけで手に香りが付くんですよね。Flaming Redとはまた違ったゼラニウム調のセクシーローズといったとこでしょうか。シンプルですが、軸がはっきりとしているので単独でも十分楽しめる香りです。

(08/11/2018)

 

<Santi Burgas Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜