*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Sampleレヴュー

■Limited Edition Santi Burgas (2010年)

彼にとって、初めての香り。ブラックボトルに赤い文字でブランド名が刻まれています。この時すでにロゴは羽の生えたアリがモチーフとなっていたのですが、彼の会社名はAntCorps、つまり兵隊アリなんですよ。徹底していますよね。

トップ:ベルガモット、マンダリン、オレンジ、タイム
ミドル:レザー、ヴァイオレット、ゼラニウム
ベース:アンバー、パチョリ、ベンゾイン、シダーウッド、バニラ

レザーにヴァイオレットリーフを効果的に使用した香りにはDiorのFahrenheitがありますが、こちらはヴァイオレットリーフではなく花の香りを合わせています。第一印象はユニセックスにしたDrakkar Noir風な香りで、オーキッド系、ジャスミン系の薄いフローラルがベースにありそうです。そこに、パチョリやゼラニウム、タイムなどがアロマティックに重なっているというもの。ラベンダーが加わったら一気にフゼアになってしまう、ギリギリなユニセックスといったところ。最終的にはDrakkar Noir (Guy Laroche )とFahrenheit (Dior)のミックス風となって肌に残ります。(15/03/2019)

 

<Santi Burgas Topへ戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜