*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Feminite du Bois / フェミニテ・ドゥ・ボワ


<香 調> ウッディフローラル
<仕 様> レディース
<容 量> 7.5ml、15ml、100ml
<濃 度> Parfum、Pure Mist

トップ
シダーウッド、オレンジブロッサム、ピーチ、ハニー、プラム、ビーワックス
ミドル
シダーウッド、クローヴ、カルダモン、シナモン
ラスト



1992年発売の製品で、まだ廃番にはなっていません。これは国内発売せずに、フランス資生堂が販売を続けています。トップノートとミドル、ラストが同じという2ノートなのは珍しいですよね。シダーウッドとは言え、香りは日本の杉だそうです。だからか海外人気はとても高いんですよ。シダーウッドの精油(書類がいろいろありますが)よりもやはり日本人にも馴染みのあるウッディです。そこに、フルーツとスパイス、フローラルが重なり、微妙なバランスですが、とっても良い香りになっています。落ち着いているけれども年齢は高くなく、かといって若すぎず、でもしっかりとフェミニンさを感じる香りです。シダーウッドがここまではっきりと現れているレディースの香水って珍しいような気もします。まだまだ発売していますので、これは機会があったらEDPなりPなりを購入してみたいなぁ、という印象を持ちました。

スパイスは驚くほど強くはないですよ。20代後半〜50代くらいまでは幅広く使える香りだと思います。これ、ひょっとしたら、メンズのバサラとペアで考えられたのかなぁ。手元のあるのはボディミストなので、香りも軽くてパシャパシャ使えます。左のポスターがパルファムなんですけど、ボトルの形状がクロエのイノセンスみたいですよね。

(07/07/2006)

 

 

Pierre BourdonChristopher Sheldrakeが1992年に作った香りで、ボトルデザインとプロデュースはSerge Lutensです。Serge Lutens製品の初期のウッディシリーズに繋がる第一作で、彼がモロッコが大好き(居住中)だということもあってアトラスシダーウッドをメインにすえた香りとなっています。

2009年春、この資生堂の香りがSerge Lutensのスクエアボトルの中に組み込まれ、資生堂ではなくSerge Lutensの製品として世界発売されました。・・・ということは自然とこちらのボトルの形状のものが廃番になる・・・ということを意味します。このボトルは彼のデザインなわけですからファンには堪らない逸品ですよね。しかも、パルファムが存在するのです。彼の製品の中で現存するパルファムはこれだけではないでしょうか。ということで、デッドストックが世界から消える前に・・・とパルファムを購入しました。profice SNSの方でもかなり話題となって盛り上がりましたから購入された方も多いのではないでしょうか。(数日で品切れましたが)

パルファムの香りはやはりピュアミストとは別格なセクシーさを持った香りです。セクシーなウッディノートという本当にタイトルそのままの印象で、深みのある柔らかで優しいシダーウッドが慎ましやかなフルーツと共にフェミニンに香ります。和服にも合いそうな香りですよ。シダーウッドの少し荒々しい部分をフルーツが和らげ、丸くなりすぎないようにスパイスで留めている、というような香りです。

(01/08/2009)

 

<Serge Lutens Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜