*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  
Simone Andreoli / シモーネ・アンドレオーリ




Sampleレヴュー
Italian Heritage
Sampleレヴュー

Simone Andreoliが2011年に立ち上げたパフューマリー。イタリアはモデナの近くにあるカルピという町を拠点としていて、彼は自身の会社を立ち上げてブランドを手がけています。比較的ありがちな嗅覚で旅行を・・・というテーマで手がけた4つの香りでデビューしたのですが、他と違う点はそれらがポエムでつづられている点で、彼はそれをDiario Olfattivo (日記実験室)としています。詩からも日記からも、何ともシャイな姿が浮かび上がります。

彼は18歳から3年間グラースで調香を学んだそうで、大好きだという海外旅行の記憶を自分らしい表現方法で表現した、その手法が香水という形だったのでしょう。長らく新作がないままだったのですが、2015年、16年と立て続けのリリースで注目を浴びています。

 

 

 

どこでどう読んだのか、彼はファッションブランドも立ち上げていて、香水はそのラインだと思っていたのですが、どうやら香水だけのためにブランドを立ち上げているようです。2016年現在、Synaesthesia of scents(共感する香り)としてEdPが3種、Writings in the dark(夜に書いて)というシンプルな夜をテーマとしたEdPが2種、Distant Pages(私記)というExtrait de Parfumが1つ、価格はEdPが120ユーロとExtrait de Parfumが155ユーロとなっています。ボトルにプリントされたデザインが、3つのシリーズで微妙に違うので、並べると簡単にシリーズ分けが出来ます。商品自体はまだイタリア国内での展開がメインですが、流通はこれから勢いよく増えていくはず。まだまだ知らないことばかりですので、もう少し魅力に迫れるよう、次回はいろいろとお聞きしないと。彼はまだ26歳という若さですから、これからが楽しみなブランドです。(09/05/2016)

 

レヴュー済みのものはタイトルにリンクあり
Synaesthesia of scents
Pacific Park (2018年)
Malibu (2018年)
L'Or du Sillage (2017年)
Moorea
(2016年)
Business Man (2011年)
Deep Island (2011年)

Writings in the dark
Smoke of God (2018年)
Don't ask me permission
(2017年)
Sentosa (2011年)
Camouflage (2011年)

Distant Pages
Eterno (2016年)
Silenzio (2015年)

Italian Heritage
Zest di Sorrento (2019年)
Fico nero di Sardegna (2019年)
Mandorla di Noto (2019年)

Special Thanks (Samples提供) ■Simone Andreoli (from Italy)
Official >>> 英語、イタリア語
Shopping >>> Aus Liebe zum Duft (First in Fragrance) ※International shipping 〔OK〕  

profice〜香水のポータルサイト〜