*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  
Vilhelm Parfumerie / ヴィルヘルム・パルフュムリ




Sampleレヴュー

Jan Vilhelm Ahlgrenが2015年に創設したアメリカのパフューマリー。調香師Jerome Epinetteを起用し、8つの香りでデビューしました。

 

 

彼はスウェーデン生まれで、母がアメリカ人、父がスウェーデン人。パリでファッションを学んだ後にアメリカへ渡り、結婚。もともとはハンドバックデザイナーで、ハンドバックの香り付けという定義で香水を作ろうと決めたのだそう。ボトルはPierre Dinandによるデザインで、しっかりとした作りこみにお金をかけたこともあり、最初からNYのバーニーズで販売が開始されました。

 

 

彼はその後拠点をパリへと移し、現在はアメリカではなくパリのパフューマリーとなっています。彼はパリだけでなくイタリアのコモ湖やフレンチリヴィエラにも家を持っているセレブで、大きな影響を受けたという祖父、そしてセレブリティなライフスタイルを香りとしてリリースしているよう。当初は100mlの1サイズ展開でしたが、さすがに思うように売れなかったのか50mlが追加され、その後に18mlが発売となりました。発売当初は100mlのedPが145ポンドでしたが、早々に185ポンドへと値上げされ、現在は18、50、100mlが70、120、185ポンド(80、135、210ユーロ)となっています。(01/09/2020)

 

 

 

レヴュー済みのものはタイトルなリンクあり
Skins x Vilhelm (2020年)
Chicago High (2020年)
Body Paint (2020年)
Peony Couture (2019年)
Moon Carnival (2018年)
Mango Skin (2018年)
Poets of Berlin (2018年)
Darling Nikki (2017年)
Basilico & Fellini (2017年)
125th & Bloom (2017年) *Harlem Bloom改題
Don't Tell Jasmine (2017年)
Do Not Disturb (2016年)
Dirty Velvet (2016年)
Purple Fig (2016年)
Modest Mimosa (2016年)
Colette x Vilhelm (2016年) *限定
A Lilac A Day (2016年)
The Oud Affair (2015年)
Black Citrus (2015年)
Dear Polly (2015年)
Fleur Burlesque (2015年)
Morning Chess (2015年)
Opus Kore (2015年)
Room Service (2015年)
Smoke Show (2015年)
Stockholm 1978 (2015年)

Offcial >>> 英語、フランス語※International shipping 〔OK〕
Shopping >>> Aus Liebe zum Duft (First in Fragrance)、Luckyscent (US)、Premiere Avenue (France)※International shipping 〔OK〕
profice〜香水のポータルサイト〜