*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

■Le Jardin Retrouve (ル・ジャルダン・ホトルヴェ)

12月のメルマガに続き、Le Jardin Retrouveの話題です。というか、後日談です。
SNSの方でもご紹介させていただきましたが、先月より発売されましたディスカバリーコレクションというのは、クリスマスに向けて彼らのお得意様用に作られたものだったのだそうです。ですから、個数も少ないですし、広く発売するつもりももなかったようです。しかし、僕がいろいろとお話をさせていただいてしまったこともあり、50mlが新たに作られることになったり(29ユーロ)、15ml×5本のディスカバリーセットも限定品ではなく通常品として発売されることになったり・・・と流動的な12月でした。価格も年末に正規価格に修正されましたので、各製品が10〜15ユーロほどアップしました。

でも、これが正規価格なのです。

というか、まだまだ安いのです。

まだ安すぎるとお伝えしたのですが、ブランド側はこれ以上の値上げをすることはないようですので、しばらくはこの価格で販売を続けてくれるようです。
(15mlと50mlのスプレーは別売りとなりましたのでご注意を)
ディスカバリーセットは僕の手元に届いたものが2つ破損していたので、その後は梱包を改良して少し厚めのクッションにしたようです。しかし、彼らは手抜きをしているわけでもなめているわけでもないのです。

日本からこんなに注文があると想像していなかっただけなのです!

もともと本当に大量生産をせず、1度に作る数もわずか数十個という程度。作り置きだってあまりしていないようです。海外対応に不慣れであったことが招いた今回の破損ですが、きちんと対応してくださいましたよ。15mlの破損な対し、50mlのボトルを補償してくださいました。(安心ですよね)

香料そのものも、昔から契約している農家に随時注文をしているそうで、昔から変わらない「農家とのお付き合い」をしているあたりがPalazzo Vecchioと似ています。大量生産していないところも同じですよね。大量に注文が入ってしまうと困ってしまう、というのが彼らなのです。


■キャンドルが穴場

proficeでのレヴューをとても喜んでくれた彼らですが、お礼に・・・と頂いたキャンドルが絶品でした。もともと香水よりもルームフレグランスやキャンドル的な香りだと思っていただけに、キャンドルになると更に良さが際立ちます。特に素晴らしいのがチュベローズ!!!
チュベローズのアブソリュートをきちんと使用しているキャンドルなんてないですよ。あまりに正直に、あまりに昔のままで・・・その価格で本当に良いの?
と聞きたくなります。年明けに開封したキャンドルは、部屋中にチュベローズのアブソリュート香を広げ、生花をドカーッと飾っているかのような濃厚さでした。香料濃度も高いのではないてしょうか。キャンドルは50時間とのことですが、1日1時間で50日です。50日間毎晩チュベローズを堪能できるなら、あまりに安いキャンドルじゃないですか!!

ふとした瞬間、通りすがりにふっと香るようなディフューザーもそれはそれで素敵な魅力ですが、1時間だけぐぐっと香りに埋もれてみる、というのも楽しいものです♪

日本のバーニーズニューヨークがオープンした際に、店内ディスプレイを担当したのがLe Jardin Retrouveのキャンドルだったそうです。日本の正規代理店が出来る前からキャンドルは認知されていたのです。(アメリカで発売されていたようです)


■何かあっても日本語でO.K!!

なんと、フランス側では日本人の方がスタッフとしていてくれます。ショップではないので店頭で対応してくださるわけではないのですが、ブランド側のお手伝いをしてくださっている男性がいるのです。年明けに帰国されていたその方とお会いすることが出来たのですが、ブランドの裏側って楽しいですね〜。いかにブランドを愛しているか、大切にしているかが手に取るように伝わります。創設者の   さんが亡くなった後、今ブランドを続けているのは奥さんなのだそうです。でも、もうかなりのご高齢。彼女は亡き夫の残したブランドを、亡き夫の残した香りたちを、長く愛用して下さっている顧客のためだけに、絶やさぬように作り続けているのです。だから販路を広げる予定も、新作を追加する予定もないようです。息子さんが手伝いをしていることで、今回の日本対応をしてくださることになったのですが、それがイレギュラーなことだったのですね。

オフィシャルサイトからの購入はPaypalの登録が必須となりますが、何かあった場合は日本語メールのやり取りで通じます。その際は一言「Would you forward this mail to Fumio?」と記載をしてあげてくださいね。その後は日本語で大丈夫だと思います。

e-Shopを日本語対応とするかどうか、顧客に聞いて欲しいとのことですので、proficeのトップコンテンツのアンケートをその仕様にしてみました。彼らがチェックしていますので、是非ご協力をお願い致します。


■プレゼントコーナー


クリスマスに間に合わなかったのですが、3本をブランド側からプレゼントして下さいましたので、プレゼント致します。
香りはCuir de Russie、Rose The、Tubereuseの各15mlです。ディスカバリーセットとして発売されている中の15mlで、昨年中はバラ売りしていたものです。
各15ml×1本を3名様にプレゼント致しますので、その他の欄にご希望の香りを明記下さい。
※応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。
1/24 12:00 締め切り。

※沢山のご応募、ありがとうございました!

(20/01/2011)

 

<profice fragrance magazine Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜