*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  
Esxence 2012〜The Scent of Excellence〜

<それは2009年より開始>

2008年まで、毎年3月下旬〜4月中旬の間にイタリアはボローニャで開催されていますコスモプロフというビューティー系を一手にまとめた世界最大規模の国際見本市が開催されています。ビューティー系の中に香水の区画があり、その中で展示会が開催されていました。僕も何度かコスモプロフの方に足を運んでいたのですが、そのコスモプロフの会場の中でも招待状が必要な特別ブースがありました。そこには世界的に人気の高い高級香水、高級ブランドが隔離されていたのです。ファッションブランドではない、あくまでもパフューマリーたちのための特別展示ブースです。ですが、コスモプロフの会場は広く、とても1日では見て回れません。出展者も多くホテルはどこも満員となってしまうという状態も多いことから、その出展ブースだけをアクセスの良いミラノで開催しようということとなり、飛び出す形でスタートしたのがEsxenceなのです。The Scent of Excellence...優れた香りたちを集めたこのEsxenceは今年4度目でしたが、今までで1番多い144の出展数となり、国がバックアップした形で盛り上がりを見せました。

AEDES DE VENUSTAS
ABATON TOP BUSINESS NICHE
ABSOLUMENT ABSINTHE
ACCA KAPPA
ACQUA DI GENOVA
ACQUA REALE
AGONIST
ALTERNA PROFESSIONAL HAIRCARE
AMANDA LEPORE
ANDREA MAACK PARFUMS
ANDREE PUTMAN
ANNEMARIE BORLIND
ANTONIO VISCONTI
APOTCARE
APRIL AROMATICS
AQUA DI PONZA
ATELIER COLOGNE
AUTOUR DU PARFUM
BAHOMA
BEAUTY BY CLINICA IVO PITANGUY
BECCA
BELLE DE BRUYN
BIEHL PARFUMKUNSTWERKE
BLOOD CONCEPT
BOADICEA THE VICTORIOUS
BOND NO.9
BONHEUR POUR LA MAISON
BOTTEGA DEL PROFUMO
BOZZINI BIJOUX
BRUNO ACAMPORA PROFUMI
BYREDO
CALE FRAGRANZE D'AUTORE
CARLA FRACCI
CARNER BARCELONA
CARTHUSIA, I PROFUMI DI CAPRI
CASTLE FORBES
CERCHI NELL'ACQUA
CLIVE CHRISTIAN
COSTUME NATIONAL
COUTO
CREED
CZECH & SPEAKE
DAVID JOURQUIN
DORIN
DR. GRITTI
EAU DE KIKI
EIGHT & BOB
ESCENTRIC MOLECULES
ETAT LIBRE D' ORANGE
EVODY
FLEUR DE CAFE
FLORIS
FONTANA DI TREVI
FRAC DI LORD BRUMMELL
FRAGONARD
FRAPIN
FY FAUCOGNEY
GAMILA SECRET
GIANNA ROSE ATELIER
HAYARI
HEELEY
HISTORIAE PERFUME OF HISTORY
HOUBIGANT
HUGH PARSONS
HUMIECKI & GRAEF
ILLUMINUM PERFUME
INEKE
JACOMO PARIS
JANE IREDALE
JARDINS D' ECRIVAINS
JEAN PATOU
JEAN-CHARLES BROSSEAU
JULIETTE HAS A GUN
KEIKO MECHERI
LA COLLINA TOSCANA
LBF
LES ARGANIERS
LES FLEURS DE BACH
LES PARFUMS DE ROSINE
LES VOILES DEPLIEES
LINARI
LM PARFUMS
LUBIN
MAJDA BEKKALI
MARIA CANDIDA GENTILE
MARIELLA MARTINATO
MARK BUXTON
MASQUE COSMETICS
MEN'S HERITAGE
MEO FUSCIUNI
MILLER HARRIS
MOLINARD PARFUMS
MOLTON BROWN
MONTALE
MONTGOMERY TAYLOR FRAGRANCES
MTJ
MY INNER ISLAND
NASOMATTO
NATURA BISSE
NEELA VERMEIRE CREATIONS
NEOM LUXURY ORGANICS
NEZ A NEZ
NOBILE 1942
ODILE LECOIN
ODIN
OFFICINE DEL PROFUMO
OLFACTIVE STUDIO
OMNIA
ORIGINAL TOILETRIES
PANAMA 1924
PANPURI
PARFUMS D'ORSAY PARIS
PARFUMS DE MARLY
PARFUMS DE NICOLAI
PARFUMS M. MICALLEF
PARFUMS NICOLAS DANILA
PERRIS MONTE CARLO
PETER THOMAS ROTH
POPUP PARIS
PRINCESSE MARINA DE BOURBON
PROFUMI DEL FORTE
PROFUMI DI PANTELLERIA
PRUDENCE PARIS
RANCE 1795
RANIA J
RECIPE FOR MEN
RENOMA
ROBERT PIGUET
ROSE & CO. MANCHESTER
ROYAL CROWN
RUBIS
SCIENCE FOR PEACE
SECRET D'APOTHICAIRE
SEPAI SKINCARE TECHNOLOGY
SIGILLI
SIMONE COSAC PROFUMI
SIMPSONS SHAVING BRUSHES
SIX SCENTS
SJAL SKINCARE
SoOud
SOSPIRO
STEPHANIE DE SAINT AIGNAN
TEO CABANEL
TERRE D' OC
TESTA MAURA
THE HYPE NOSES
THE LAUNDRESS
TIZIANA TERENZI
TORRE OF TUSCANY
VULFIX OLD ORIGINAL
WIENERBLUT
WODE BY BOUDICCA
XERJOFF
YS UZAC

4日間ある開催日程の中でしたが、出かけたのは最終日でした。2日ないと全て見て回れないほどの量で、1つ1つのブースでお話を伺っているととても時間を要してしまいます。今回の目的はProfumeria Nicchiaとしての取り扱い商品を探すことではなく、主たる目的はproficeの広報でした。もうすでにアップされている画像もたくさんありますが、会場内でお話を伺ったブランドのオーナーの皆さまにproficeのトップ画像(2012年4月、藤)を片手に写真を撮らせていただきました。

Keiko Mecheriさんは香りに人柄を感じられるとても柔らかな笑顔の素敵な方でした。今までとは別に新たな高級ラインを発売しましたが、まだ発売したばかりで日本での販売は未定とのこと。全て香ってみたのですが、今までのラインのような透明感はあるものの、1つ1つのテーマが個性的で新たなラインとしたことが理解出来るものでした。 快くサンプルをくださり、日本でプロモーションする際には招待状を送るから、と仰ってくださった紳士。Heeleyの新作3つのパルファムのうち、1つがグリーンアーモンドでとっても素敵でした。Bubblegum Chicはフィアンセの好きな香りを詰め込んだのだと嬉しそうに語っていたのも印象的。銀座三越メンズ館7階にて既存ラインは取り扱いがあります。
Dorin(ドラン)が日本の白粉のドーランの語源となったのだと初めて知りました。マリーアントワネットも顧客だったというこのブランドは、積極的なアプローチをあまりせずにゆっくりとブランド認知を広げているところがスバラシイです。ヴィンテージを美術館と言う形で公開している点も高評価。画像を確認しつつ実は3度も取り直したんですよ!! アジアの方の意見を聞きたい、と呼び止められたブースがこちらのAntonio Visconti氏のブランドでした。まさかヴィスコンティ家の末裔の方で、 こんなに本格的な天然香料率の高い製品群だとは気づかず、香ってみてびっくり。ワイルドになり過ぎないよう綺麗にまとめられたものも多いので、市販品はちょっと飽きてきた・・・という方におススメ。
血液型をテーマとしたBlood Conceptを立ち上げたGiovanni Castelli氏は実はAcqua di Stresaのオーナーです。 日本の正規代理店としてメールのやり取りはしていましたが、実はお会いするのは初めて。2つのブランドについてのことや新作、それも来年のお話まで伺うことが出来ました。今後が楽しみです。 事前にEsxenceでお会いしましょう、とお伝えしてあったNeela Vermeire CreationsのNeelaさん。最終日ということもあってお疲れの様子でしたが、弾けるような笑顔が素敵でしたよ。彼女の香水はBertrand Duchaufour氏が全て手がけていますので、L'Artisan Parfumeurよりもっと良質な彼のテイストをお求めの方は是非。 天然香料率、かなり高めです。

他にも様々なブランドのオーナーさんたちがいらっしゃいましたが、オーナーさんだけではなくて販売を任せられている流通業者の方が代理でご説明しているブースも多かったです。4日間、応対しっぱなしというのは疲れますから、数人体制で臨んでいたブースも多かったことと思います。ブースの画像はオフィシャルのFacebookにて公開されていますので、詳細はこちらをご参照下さいませ。とてもたくさんの画像がアップされていますので、見ているだけでかなり雰囲気がつかめると思います。

最終日も終わり頃にはこのように静かな雰囲気に。皆さんお疲れだったようです。 豪華絢爛とはまさにこのブースのこと。Xerjoffの全ラインが揃っていました。
フランスが国としてバックアップしたブースでは、新進気鋭のブランドも参加していました。画像の中心はRobert Piguetですが、proficeの画面でヴィンテージのBandit等を見て驚いていました。新作のシリーズを全て香ったのですが、1番好みに合っていたのはCasbahという香り。 今年初めてJean Patouも参加されました。隣にはEtat Libre d'Orangeが参加されていましたが、残念ながらご本人はいらっしゃいませんでした。新作のFils de Dieuはココナッツの香る南国テイストの香りでしたが、残念ながらBijou Romantiqueは香れず・・・。最終日ということでサンプルもなくなってしまっていたようです。
Mark Buxton氏もご自信のブースでご説明されてました。お忙しい様子で直接お話は出来なかったのですが、背の高い細身な男性でしたよ。以前の香りたちはロシアの方にライセンスごと売却してしまったことを聞き、新シリーズ展開となったそうです。(復刻含めて全5種、全てレヴュー完了です) 実はとてもお会いしたかったのがこちらのブースの方たち。Nazomattoです。毎年この展示会で新作が公開されていたため、とても楽しみにしていたのですが、今年はこのようなオブジェの展示のみとなっており、商品もなく人もおらず・・・。
あれ? この展示・・・何か変じゃないですか?
こ、この犬・・・
それはまさに下のボトルに・・・
え? これを香れと? 臭かったらどうしよう!!!
(実際はダミーなんですけどね)

久しぶりにNez A Nezの方ともお会い出来るかと思っていたら、最終日はいらっしゃらなかったり、Andy Tauer氏もトークイベントのみでブース出展はなくお会いできず。Parfumerie GeneraleのPierre guillanme氏も同様。グレープフルーツの精油だけでは果実そのものの香りにはならないのですが、Millar Harrisの新作のPample Mousseはフレッシュなグレープフルーツそのものでした。また、個人的にとても好きなLubinでは新作がリリースされる際にはプレスリリースを送って欲しいと頼んだりも。(Lubinの方もproficeのヴィンテージLubinボトルに驚かれていましたよ)
他にも、アメリカのホワイトハウスから注文があるというフィレンツェのステイショナリーブランドが香水を発売することになり、どこよりも早くお披露目されていたりもしました。

下部のSpecial thanksのロゴが増えていますが、この展示会にていろいろご提供下さったブランドの皆さまの香りたちを、順次アップしていく予定ですので、どうぞ皆さまお楽しみに。

10/05/2012

 

<Topics Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜