*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

銀座を、香りをメインにして駆け巡るツアー

まずは、日比谷線、丸の内線、JR山手線等で銀座、もしくは銀座1丁目、有楽町駅に出ます。
スタートを10:00として時間軸で追ってみたいと思います。

1、ポーラ化粧品銀座ビル ポーラミュージアムアネックス[無料]

まずは、銀座1丁目へ出てみましょう。通りを歩いていると、縦長の「POLA」の看板が見えるので、すぐにわかると思います。そう、ポーラ化粧品銀座ビルです。ここでは、2階で「香りを彩る -古代の香り、西洋の香り、日本の香 -」として展示会を行っています。8/27までの毎日、10:00〜20:00まで。最終日は17:00まで。

展示物としては、2千年前の香油壺から、ディオールの初期の作品まで展示がしてあります。ウビガンとか、ウォルト、リュバンをはじめゲラン、ニナリッチなど歴史に残るアンティーク瓶の展示及び解説。ジュルヴィアンもあったし、ダラニュイのラリックボトルはすごかった!!

ここでは、毎日先着50名にポーラ製の香水のミニサンプル5ml程度ですがもらえます。香りは日替わりのようですが、僕はサクラガーデンでした♪

2階で楽しく閲覧した後は、3階に上がってみましょう。こちらでは、「あそぶかたち☆20世紀の香水瓶」という展覧会が行われています。12/20までの毎週水曜日のみなのですが、「香りを彩る」の展示会中は毎日オープンしていますので、ついでに行けてラッキーです。10:00〜17:00まで。

なんと、8/5は「香水づくり:親子でつくるスイーツの香り」11:00〜12:30と、14:00〜15:30の2回。8/12は「ハーブと香り:モイストポプリをつくる」、8/19は「香水づくり:2人でつくるカップルの香り」、8/26は「ハーブと香り:ナポレオンも愛用したケルンの水をつくる」だそうで、毎回11:00〜12:30と、14:00〜15:30の2回行うようです。

これは、いくしか!!(香水をつくる・・・は無料で、ハーブのは1000円だそうです。や、安い♪)

3階ではねいろいろなポーラの書籍、今回の展覧会のパンフレット(小冊子500円)なんかも販売しています。香水の書籍もいろいろあって、思わず欲しい本をメモってきてしまいました。


2、銀座松屋

銀座通りを3丁目方面へ進んで、銀座松屋に入ってみましょう。1階の化粧品コーナーは現在、工事中なのですが、アニックグタールはメンズも6種くらいありました。その他、ペンハリガン、ステラ、パティカ、ラルチザン、ジルスチュアート、ナルシソロドリゲス等もあります。シスレーの香水もあったなぁ。


13、オペーク銀座

[追加項目]香水ではないのですが、オペーク銀座にて「ローズ・ド・マラケッシュ」が発売となっています。バスラインは高いのですが、試験管に入った「ローズ・ド・マラケッシュ2006〜ヴィンテージローズオイル」はなんと10mlで2,100円!!行けない方はこちらでも販売中。


3、銀座三越

4丁目に進むと銀座三越があります。ここは入るとすぐにステラがあります。パルファムもありますから、まずはパルファムを肌に乗せて進みましょう。ぐるりと1階を回るといろいろなカウンターがあります。わかばも入っています。


4、銀座コア

交差点を過ぎて、5丁目に進むと銀座コアがあります。ここの4階に「銀座香十」があるのです。香水のみならず、ここでは少し「和」の香りを♪
武蔵野ワークスよりも生花に近い沈丁花の香りの香水があるのが香十です。香十ではトワレを試香したら、今度は貝殻に入っている丸くて黒い「練り香」も香ってみてください。黒方とか梅とかインセンスベースのウッディだったりフルーティーだったり歴史ある「和」の香りを楽しめますよ。インセンスもそのまま香ってみても楽しいです。


5、銀座コマツ

6丁目には銀座コマツがあります。入り口がとても分かり辛いのですが、1階のワインショップの横の大階段を3階まで上ってみましょう。するとそこにはディプティックがあります。ディプティックの取り扱い種類はここがとても豊富で、ルームスプレーの種類もかなりあります。朝から出かけてたらランチな時間ですが、午後から出かけていたのなら、ここにあるカフェ(サンタマリアノヴェッラのカフェなんです)でちょっと休憩するもよし。帰りは階段でとっとと降りましょう。また、ワイン店舗を抜けて、今度は裏口から次の路地へ。


6、サンタマリアノヴェッラ銀座本店

銀座コマツの裏側から出て左折するとすぐに「サンタマリアノヴェッラ銀座本店」があります。勝手に商品を手に取ることは出来ないので、にこやかな笑顔とともに、「これのムエットを下さい」と指差せばOK!ムエットだけでなく、説明もしっかりとしていただけますよ。新作も時々出ていたりするので要チェック。7/1からAngels of Florenceというチャリティー香水16,800円が限定発売となっています。絵画の修復費用に当てられるんだとか。


7、バーニーズニューヨーク

ランチが終わったら、バーニーズニューヨーク銀座店から際スタートです。ここでは、取り扱いの種類が減ってしまいましたけど、ケイコメシェリとかラルチザン、アニックグタール、ディプテッィク等があります。すでに他店で試してしまった際には、くるりと店内を見回して次へ進むことに。


8、ザ・ギンザ

バーニーズからすぐの銀座通りに「ザ・ギンザ」があります。ここは12:00オープンなので要注意。店内に入ると入ってすぐの階段を下に降りれば、そこにはセルジュルタンスがあります。ルタンスを心行くまで香った後は、ルタンスを背にして左側の階段横の「ホワイトロージズ」のパルファムを肌に乗せて、幸せを味わいつつ、次へ。


9、House of SHISEIDO[無料]

次は資生堂本店です。House of SHISEIDOでは、9/8までメーク×モード ビューティーの時代」展というのを1階で展開しています。メイク関係の方か、美容師の方が、大きなスーツケース持って閲覧してましたから、地方からも来てるんだろうなぁ。2階に上がると、そこは資生堂の歴史が詰まっています。入って左側は映像がみられたり、書庫があったり。テーブルで本が読めるなんて図書館よりすごいよ。コピーも出来るんですよ!!フレグランス関係の書籍も素晴らしかったです。欲しかった。で、そこで気になる書籍をチェックしたら、中を閲覧しましょう。引き出しを開ける展示手法をとっているのですが、引き出しは両側にあります。引き出しの中に、ノンブルノワールをはじめとした過去の製品の香りサンプルが入っています。我が家のノンブルノワールも香りが同じでホッとしました。

花椿の表紙がドバーッと展示してあるのですが、若かりし日の秋川リサを探せ、です。森昌子も小林麻美もいたりします。

ここでは、花椿、菊、唐草の香水6,500円を購入できるのですが、現在の取り扱いは唐草のみとなっています。品切れにより、次の販売はおそらく来年になってしまいそうだとか。唐草のみですが、試香も出来ます。そして、過去のパンフレットやポストカードの販売もしています。好評だったセルジュルタンス展のパンフは1000円、ハードカバーのパンフは2600円だったかな?

※2009年1月現在、唐草の販売は終了となった様子です。(情報ありがとうございました!!)


10、Hermes銀座店

一般カウンターにはなかなか登場しない特別な香り、エルメッセンスシリーズを試香するなら銀座店があります。


11、プランタン銀座

待ち合わせにもぴったりのプランタン銀座です。オープンが11:00なので、10:00に待ち合わせすると人もいなくて楽だったりして。そんなプランタン銀座では、1階にロクシタンとわかばが入っています。ロクシタンの限定セットをチェックしたり、わかばの製品(クリーンとか)なんかをチェックするのもよし。


12、エストネーション有楽町

さぁ、最後です。駅を通り抜けてエストネーション有楽町に行ってみましょう。時間がない場合はここでチェックというのも良いと思います。サンタマリアノヴェッラ、アニックもありますしね。その他にはギャルソンのシリーズがあります。赤と緑がまだあるのかな?甘い香りのシリーズあったような・・・。京都とかインセンスシリーズも。その他にもケンゾーもあるようです。バスラインブランドもありますので、チェックすると楽しいですよ。



さぁ、ここまで香り続けるとさすがに疲れますよね。朝から夕方までフルになりますから。
でも、まだ元気のある方は、日本橋三越へ行ってみましょう。
日本橋三越では、ハウスオブローゼの店内でフローリスを試すことが出来ます♪


さぁ、行ってみたくなりましたか?


地方在住の方の場合、回りたいけど時間がない!!効率良くチェックしたい!!という方にはぴったりかな、と。
事前に計画されたい方にはこちらが便利です。銀座のMAPがPDFになっていますから、これをプリントしておく、と。
ちなみに、A3横です。A3のプリントが出来ない方はこちらを。
ちょっと画像は見づらいのですが、A4横ではいるはずです。

profice〜香水のポータルサイト〜