*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Wood Lyric / ウッド・リリック


<香 調> フレッシュウッディ
<仕 様> メンズ
<容 量> 100ml
<濃 度> EDT

トップ
ベルガモット、グレープフルーツ
ミドル
コリアンダー、ジンジャー、カルダモン
ラスト
パチョリ、サンダルウッド、シダー



オフィシャルに記載がないのですが、どうやら2003年に発売されたシリーズものらしく、

Vanilla Tales
Blossoms Memories
Neroli Poetry
Wood Lyric

上記4種が発売になりました。1と2はレディースで3と4がメンズとなっています。ネロリポトリーと比較すると、香りとしてはここちらの方が圧倒的にメンズですね。 トップの爽やかさが消えるとほの甘い清潔な感じのウッディが顔を出します。落ち着きのある品のいい香りで、サンダルウッドが前に出て香ります。

(02/05/2007)

 

シトラスアロマティックなウッディというニュアンスで、ジンジャーやカルダモンはあまり分からず、リナロールがシトラスと共に香りますので、コリアンダーは精油が結構多く使われているのかもしれません。そのシトラスとスパイスの残り香はビターで、そのビターな部分にウッディノートが重なっていくのです。メンズの香水に良くあったシトラスウッディにカテゴライズされる香りで、大きな特徴もなく、静かなウッディへと続いていくあたり誰もが使いやすい香りとして発売されていたのではないかと思います。

ニッチなフレグランスがお好きな方たちには少し物足りなさを感じるだろう、シンプルでクラシカルなシトラスウッディの形。そこにクミンが隠されていたり、スモーキーノートがアクセントになっていたりしたら、もっと楽しい香りになるだろうに。それは今のアトキンソンから発売されている香りたちがそうなっているのかもしれませんが、ハイエンドのフレグランスが流行する前は、こうした比較的平凡な香りがほとんどだったからこそ、フレグランスファンが今ほど増えなかった、特に日本人に受け入れられなかったのだということを感じてしまいました。決して悪くはない香りですが、通過点となって消えた香り。

(16/07/2020)

 

<Atkinsons Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜