*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

Wisteria / ウィステリア


<香 調> フローラル
<仕 様> レディース

<容 量> 50ml

<濃 度> EDP

トップ
ヴァイオレット、グリーンクローバー
ミドル
ウィステリアブロッサム、ライラック、ハニーサックル
ラスト
ホワイトサンダルウッド、ムスク



香料としてウィステリアを取り込んでいるものは数点ありますが、メインに持ってきているのは滅多に見かけません。藤は薫り高い花でありながら、工業的に香料の採取は行われていないので、全て人工的な作られた香りでもあります。もともと香料というのは天然香料として抽出したものと、生花との香りがあまりに違う・・・という理由で工業的に行われていなかったり、そもそも高価すぎて収支が合わなかったり、様々な理由で実際には人工香料で「似た香りを創出している」というのが現状です。バラだって1キロ120万円しちゃいますから、1万円程度の香水に使われているはずありません。あってもごくごく微量ですよ。カネボウはバラの成分分析をして100もの成分から人工香料を作り出しています。資生堂は1000種のバラの香気成分を分析して99パーセントまで解析済みだそうです。どの会社も持っている独自のレシピ、なわけです。

香料だけ見るといろいろだけど、ガーデニアに甘めなジャスミンを加えたような感じがします。 ヴァイオレット独特のグリーンの渋さは感じないですね。ハニーサックルもそんなにわかんないなぁ。ガーデニアにジャスミンと言うとペンハリガンのエレニシアを思い浮かべますが、エレニシアの方がフレッシュ感を感じます。ウィステリアの方がもっと甘めで妖艶な感じですね。生花と比較してみると全く別物で飽くまでもイメージで再現をしたという力技を感じます。藤の花の香りを期待しているとちょっとがっかりかも。藤の花であればアッカカッパのウィステリアの方がイメージに合うと思います。

(30/10/2006)

 

<Crabtree & Evelyn Topに戻る >

profice〜香水のポータルサイト〜