*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Spell Bound / スペルバウンド


<香 調> フローラルアンバリー
<仕 様> レディース
<容 量> 15ml
<濃 度> EDP

トップ
フルーツ、ローズウッド、コリアンダー、オレンジブロッサム、ピメント
ミドル
ローズ、ジャスミン、チュベローズ、カーネーション、スズラン、ヘリオトロープ
ラスト
バニラ、アンバー、シダーウッド、ベンゾイン、ムスク、シベット、オポポナックス



1991年発売で現在は廃番になってしまった香りです。「呪縛」と訳されているサイトを見かけますが、意味合い的には呪いではなく魔法だと思うんです。「魔法にかかった」とか「魅力にはまる」とか「虜になる」と言った意味合いです。

香りは発売時期を考えると、あぁ、こういった香りが好まれていたのか、と改めて考えてしまいますね。廃番になったのも分かる気がします。今風ではなく、かといってクラシックでもない、微妙なラインの濃厚さなんです。突出した香りは大きくなくて、いろいろ香るのですが、ベンゾインとか樹脂系の香りが強いかなぁ。フローラルの中では、カーネーションのイメージも強いです。すっきり系というよりも、しっかりした香りで、甘さも混在しています。フェミニンなドレスに・・・というよりは渋みも入った香りなので、スーツ系の香りなのかも。可愛らしいというより、渋いですよw

この香りのイメージを考えると「妖艶」だったの「魅惑的」という言葉が連想されるので、「魔法にかかる」というタイトルが納得出来るんです♪

(30/05/2007)

 

<Estee Lader Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜