*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |  PRESS |
  

Fleur d'Osmanthus / フルール・ド・オスマンサス


<香 調> フルーティーフローラル
<仕 様> レディース
<容 量> 100ml
<濃 度> Eau Fraiche

トップ
オレンジ、グレープフルーツ、マンダリン
ミドル
オスマンサス、ネロリ
ラスト
トンカビーン、ベンゾイン



2011年発売のサマースプラッシュフレグランス。Eau Fraiche Parfumeeでイメージはチャイニーズガーデンだそうです。日本人とっては外せない身近なキンモクセイの香りなだけに市場の評価も厳しく、生花っぽさを楽しめるものなのかが1番のポイントになります。それ以外に本物のアブソリュート感を楽しめるものなのか、それとも全く別物なのかという全部で3つのポイントで記載を。

まず、肌に乗せた瞬間はオレンジとグレープフルーツがさっぱりと香り、サマーフレグランスらしいさっぱりとした香りが広がります。でも、その一瞬だけですぐに化粧品っぽい薄いパウダリーなオレンジブロッサムに変化してしまいます。ネロリではなく調合タイプのオレンジブロッサムで、キンモクセイらしさは微塵も感じられません。もちろん貴重な天然香料らしい部分も全く感じられないのですが、その分ワイルドにはなっていないということです。

ミドルでもベンゾインはあまり前に出てこず、少し化粧品っぽいオレンジブロッサムが薄いウッディノートと共に香るというのが全体の印象で、ラストノートになってようやくふとした瞬間にキンモクセイっぽいのかなぁ・・・と感じる程度です。まさに100mlが36.60ユーロ(4,200円ほど)という価格に相応しい香り。

Eau Fraiche Parfumeeということで、少しアルコールを押さえて水を増やしているようです。(香料よりも水の方が多い)
ボディスプラッシュにしては香りの持続が良いので、EdT並みだよなぁ・・・と思ってオフィシャルサイトを見たら、なんと香料濃度は9%だそうです。EdTと大差ないですよね。コロンの軽さですが、香りはきちんと持続しますよ。

(17/08/2011)

 

<Roger & Gallet Topに戻る >

profice〜香水のポータルサイト〜