*Log in
 *Log out
 *My account

| Top | Books | Topics | PMF | Q & A | Making | Essential | profice sns | Perfumers |
  

Sampleレヴュー

■Bombay Bling (2011年)

これは現代のインドの様子。幸せにあふるるインドのパワーを香りとして表現したもの。

マンゴー、ライチ、ブラックカラント、カルダモン、クミン、シスタス、ローズアコード、トルコローズ、サンバックジャスミンアブソリュート、イランイラン、ホワイトフローラルアコード(チュベローズ、フランジパニ、ガーデニア)、パチョリ、タバコ、ホワイトウッド、サンダルウッド、シダーウッド、バニラ

トップから溢れるのはマンゴーよりもライチとブラックカラント。そこになんとクミンが加わるというフルーティーなんだけど美味しくないという香りでスタートします。もちろんクミンはごく僅かなのですが、それでも十分感じられる濃度なのです。クミンの部分がどこかインセンスにありそうなクセのようにも感じるのですが、しばらくするとマンゴーもライチも消えてブラックカラントとクミンが残ります。その奥に控えているのがガーデニアとプルメリア、サンダルウッドというココナッツ系の甘さを持ったフルーティーフローラルウッディです。通常はトップで消えていくブラックカラントが思いの他軸を貫いて長く香っていると思ったらこれはGivaudan社のParadisamideなのではないでしょうか。グレープフルーツとビターオレンジの苦味にブラックカラントを混ぜたような香りなのですが、マンゴーを表現するのに用いたのでしょう。ミドル以降はこのクリーミーなビターフルーツが肌に残るのですが、ボリウッド(ボンベイとハリウッドを足した造語)のあのムトゥ踊るマハラジャのカラフルな雰囲気がぴったりです。まさに、インド風のフルーティーフローラル。(25/11/2011)

 

<Neela Vermeire Creations Topに戻る>

profice〜香水のポータルサイト〜